高密閉オリジナル防滴筐体について

通常の雨なら大丈夫でも台風が大型化して浸水事故が発生

故障カメラ
強風を伴う暴風雨でIP66相当の防滴カメラも浸水事故が増えています。
カメラ内部に数滴水が侵入するだけで内部基盤が腐食したり、ガラスの曇りにつながります。
昨今日本を強襲する台風は常に大型化しており、猛烈な強風を伴います。

猛烈な台風にも打ち勝つ高密閉オリジナル防滴筐体を採用しています

故障カメラ
大型台風が通過した地域でも大きな浸水事故の発生しない下記シリーズは、防犯カメラ設置後の年月を考えると災害リスクに対応するリスクマネジメントになります。
AHDC700SSLシリーズ
AHDC280Pシリーズ